2016-06-17

GEO:新作紹介♬

 

本日は1階のGEOより、新作DVDのご紹介をいたします!

 

 

P1210433

 

orange

 

 

高野苺のコミックを基に、未来からの手紙によって運命を変えようと奮闘するヒロインの姿をファンタジックかつ爽やかに描く青春群像劇。

手紙により10年後の自分が後悔していることを知った女子高生が、大切な人を救おうと行動する姿を映す…。

 

高校2年生の高宮菜穂(土屋太鳳)に、10年後の自分から手紙が届く。

そこには、26歳になったときに後悔していることが数多くあること、転校生の翔(山崎賢人)を好きになるが、彼が1年後に死んでしまうことがつづられていた。

当初はイタズラだと思った菜穂だったが、手紙に書かれていることが現実に起こり始める。菜穂は後悔しないため、そして翔を救うために行動を起こす。

 

 

こちらの作品、漫画のときから好きだった方も多いのでは…?

私も途中まで読んだのですが、最後はどうなるのかとても気になっています!

豪華出演者による青春群像劇になっています✧

菜穂たちが翔のために何をするのか、どんな感動が待っているのか、たくさん見どころがある作品となっております!

 

 

P1210435

 

母と暮らせば

 

 

「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしの遺志を名匠山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。

原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。

 

1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)がふらりと姿を見せる。

あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。

当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいたが……。

 

 

よくこの作品の宣伝などを見ていたのですが、映画館で見ることはなく…。

あらすじを見たらとても気になる内容だったので見たいという衝動に駆られています(笑)

 

戦争という暗いテーマなのに浩二と母というキャラクターが明るく描かれてることで作品自体がテーマ以上に明るく感じられる作品となっております。

感動系の作品を見たいなぁと思っている方にオススメです!

 

 

GEOにはまだまだ新作のDVDが入ってきておりますので、気になる作品があるがある方へ要チェックです✧

 

皆さまのご来店、お待ちいたしております♪

 

 

 

 

GEO

℡019-604-3822

 

 

 

 

 

タグ:
関連記事