2020-01-17

いわてウォームシェアスポット

「2019-2020 いわて冬エコキャンペーン」

【期間】2019.12/1(日) ~ 2020.2/29(土)

全国平均に比べ、エネルギーの支出が大きい岩手。

特に冬の暖房費は環境への負担も大きく、CO₂の排出量を増やし、

地球温暖化などの気候変動にも影響を与えています。

岩手の冬を暖かく、そして地球にも優しく過ごすためには、何が必要でしょうか?

みなさんの「冬暮らし」について、実施している事や思っていることを教えてください。

2019-2020 いわて冬エコキャンペーン

 

 

「冬暮らし」のポイントは『暖かさをシェア』すること。

 

【ウォームシェア】

ウォームシェアとは、暖房器具を一人ひとりが使うのではなく、

みんなで一つの部屋や温かい場所に集まる(シェアする)ことで、

エネルギーを節約しよう、という省エネ活動です。

ご家族やご近所どうしがひとつの部屋・場所に集まって過ごしたり、

暖房の効いた公共施設、食事や温泉に出かけたり・・・。

家庭の暖房を止めてまちに出るだけで、暖房による消費を減らせます。

 

【いわてウォームシェアスポット】

岩手県内では、ショッピングセンターやまちなかのカフェ、

図書館や美術館など140箇所が、ウォームシェアを応援する

「いわてウォームシェアスポット」に登録されています。

 

そして、ここクロステラス盛岡も「いわてウォームシェアスポット」に登録されております。

雪の日、寒い日、暖まりたい日、いつでもご利用くださいませ

 

 

 

 

関連記事