2018-11-24

『Ana D’Apuzzo展』

昨日、1F シルヴァンプラザにおきまして、

スイス在住のアーティスト・アナ ダプッツォさんによるトークイベントが行われました✧

 

(写真㊧:アナさん)

アナ ダプッツォさんは、セルビア出身の現代建築家アーティストで、
デジタル理論と現代美術、建築とを融合した研究と実施を行い、スイス、イタリアを中心に、高い評価を受けております。
特に、デジタル3D技術をテキスタイルデザインに取り入れた手法は、多くのメディア等で取り上げられています。
2014年 岩手と福島で行った「建築と衣服」に関わる講義とワークショップで
「The Plan Awards 2015」のスペシャルプロジェクト部門でファイナリストになりました。

トークイベントは、クロステラス盛岡を運営する三田農林株式会社の代表取締役であり、

アナさんの友人でもある三田林太郎社長とのトークセッションから始まり、

終盤には、お客様との質問タイムもありました。

「作品はどのくらい時間をかけて作られるのか」との質問には、『作品によって異なる』と前置きした上で、

『左の作品は4日間、中央のパネルの作品は10日以上』と返答。

『最初にスケッチしてから、その次にエアブラシを使って仕上げていく』ため、時間をかけて描かれるのだそうです。

また、『スイスの自宅のすぐそばには湖があり、良いインスピレーションを与えてくれる』と仰っていたのが印象的でした。

 

アーティストとしての活動のほかに、ファッションに関するお話等も展開されました。

会場には、たくさんのお客様に足を運んでいただき、温かな雰囲気に包まれながら、

トークイベントは無事終了いたしました。

 

アナダプッツォさん、楽しいお話をありがとうございました!!

また、たくさんのご来場誠にありがとうございました!!

 

 

『Ana D’Apuzzo展』は、11/25(日)の午後5時まで、

1F シルヴァンプラザにて開催しております。

アナさんの色彩あざやかなアートを ぜひ間近でご覧くださいませ✧*

 

関連記事