2018-04-14

『伊藤芳輝 ソロギターライブ♫』

土曜日の昼下がり、1Fシルヴァンプラザにて、

『伊藤芳輝ソロギターライブ』が行われました♪

 

 

10歳からクラシックギターを始められた伊藤芳輝さんは、

フラメンコ、ボサノバ、ジャズ、クラシックなど

あらゆるジャンルの音楽のガットギタースタイルを研究され、

2000年にクラシックギター・ヴァイオリン・タブラによる音楽ユニット「スパニッシュ・コネクション」を結成し、

フラメンコ音楽、ジャズ、民族音楽を織り交ぜた独自のオリジナリティーを発揮されております。

現在はヴァイオリンとのユニット「ハイクラッド」の活動とともに、ギターソロコンサート、

スタジオワークなど多方面にわたってのアーティストサポートをされております。

 

 

現在、ソロギター CD「Homage to the Style of BADEN POWELL」発売記念ツアーで

全国を廻っていらっしゃる伊藤芳輝さん。

本日のライブは13時と15時の2回公演にて開催されました。

 

 

CDに収録されている曲の中から、

「禁じられた遊び」、「悲しみのサンバ」、「星のフラメンコ」などが披露され、

「星のフラメンコ」では 『♪ 好きなんだけど~』のメロディーに会場から

 “チャチャチャッ♫”と

合いの手が聴こえ、伊藤さんも思わずニヤリッ✧

(その瞬間を撮り逃してしまいました、><…)

 

伊藤さんが奏でるギターの音色に、会場はたのしみ、すっかり魅了されている様子でした♪

 

伊藤芳輝さん、渋く素敵なライブをありがとうございました!

また、本日はたくさんのご来場 誠にありがとうございました!

 

 

 

 

関連記事